本山育成会 しゃくなげ荘本文へジャンプ
日中活動


しゃくなげ荘では、利用者さん一人一人が生きがいを持ち、その人らしい生活を送っていただくため、日々の活動として主に療育班、農耕班、EM班に分かれ、個々のニーズに沿った活動を提供しています。

療育班


 〜さぁ! 出発〜 〜がんばってます〜   〜一休み〜


 

利用者さんは重度化、高齢化、老化が著しく、ほとんどの方が療育班に所属しています。

午前中は、体力や体調に合わせ何組かに分かれて歩行に出ます。また季節によりコースを変え、田舎ならではの四季折々の自然を感じながら出かけます。

午後は、リハビリやストレッチを療育福祉センターのDrPTに指導を受け、麻痺や拘縮がある方の機能回復や筋力維持が出来るように取り組んでいます。室内ではレクリエーション(ボーリング、輪投げ、カラオケ、ボール遊び、パズル、ぬり絵など)、牛乳パックちぎり、DVD鑑賞などを行っています。





農耕班

畑やハウスの野菜はEMを使った有機農野菜を作っています。主にしゃくなげ荘の給食の食材として安心・安全な野菜が、バリエーション豊かに食卓に並びます。季節によって花壇や庭の草引き、季節ごとに花の植え替えをしています。


   
 


 

リサイクル活動


近隣住民の方々のご理解、ご協力により毎週月曜日と金曜日にアルミ缶と新聞紙の回収活動を行っています。回収したアルミ缶は、利用者さんの活動の一つとして、分別→潰し→袋に入れる工程を行い資源のリサイクルに取り組んでいます。また、EM肥料として、EMボカシ[米ぬか、もみがら、EM活性液、セラミック、糖みつ等を混ぜ合わせ3ヶ月位発酵させる出来る肥料]EM活性液[EM@液、A液、B液、セラミック、糖みつ、塩などを40℃の湯で攪拌させて出来る肥料]を作り、畑や花壇の土肥として、浄化槽等の水質の改善として好評で地元の良心市等で販売しています。


   



 園 芸 班


 午後からの活動で園内のお花を育てる仕事をしています。育てたお花は近くのさくら市で販売したり、しゃくなげ荘の玄関に植えたりして花のある施設作りを心がけています。花を見ることで「ホット一息」心が癒されています。ぜひ一度ご覧ください。




  これからもキレイなお花をたくさん育てていける様にがんばります。